すのこベッド専門店

布団がカビ臭いときに試すべき5つの対策。手遅れになる前にカビ予防!

布団がカビ臭いとき

「カビ臭い」は布団がカビでやられる一歩手前

布団にカビが生えて真っ黒という人はほとんどいませんが、布団がどうもカビ臭いと感じている人は少なくないのではないでしょうか。

布団がカビ臭い……これは、はっきり言ってすでに布団にカビが発生してしまっている状態、と考えても差し支えないでしょう。放置しておくと、内部から黒く変色していくことはほぼ確実です。

毎日寝るたびにカビを吸い込むので、アレルギー反応や病気になるリスクもあります。一刻も早く、カビの繁殖を防ぎカビを取り除くための対策を進める必要があるでしょう。

今回は、布団がカビ臭いときに試せる対策を5つだけご紹介します。どれか1つ、できれば複数取り組んで、布団を長持ちさせてくださいね。

対策1:やはり王道。「こまめに干す」

最大の対策は干すことです。布団をこまめに干すことによって、内部の水分を飛ばしカビやダニが繁殖しにくい環境を保ちます。

人間の身体からは一晩にコップ1杯分の汗が出るといわれるとおり、寝るたびに一定量の水分が布団に入り込んでいます。カビは、その水分を利用して繁殖していくもの。水分を飛ばすことが、カビ対策には不可欠です。

ただ、これはカビの発生を抑えるもの。すでに発生してしまった布団からカビを取り除くものではないことはご理解ください。

対策2:ニオイを防ぐ「ファブリーズ」

布団を清潔に保つ上で、まず考えるのはファブリーズのような消臭剤・芳香剤かもしれませんね。ひとふきでニオイを飛ばしてくれるので、日常的に使っている家庭も少なくないことでしょう。

しかし、ファブリーズでカビ対策ができると考えるのはあまりに安易でしょう。確かに、最近のファブリーズは消臭と除菌の効果を謳っています。しかし、カビは布団の表面だけでなく内部で繁殖しているので、ファブリーズを吹き付けるだけで完全に除菌するのは不可能なのです。

それに、ファブリーズを使いすぎると、布団が湿ってカビが生えやすくなる恐れもあります。当然ながら、寝心地も悪いですよね。

一時的な消臭には有効ですが、ファブリーズで完ぺきにカビを取り除けると考えるべきではありません。

対策3:徹底対策なら「布団乾燥機」

カビを自宅で駆除するのであれば、布団乾燥機が有効です。文部科学省作成の資料によると、「80度において、30分程度の加熱処理によりほとんどのカビが死滅する」とされています。

参考:カビ対策マニュアル 基礎編|文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/sonota/003/houkoku/08111918/002.htm

布団乾燥機は、70~80度の空気を循環させて布団を乾燥させます。60分ないし90分使用すれば、カビの動きをかなり止めることができるでしょう。

あとは、ダニやカビの死骸を駆除するために掃除や布団の洗濯を行うと鬼に金棒です。こちらは、対策4および5でご説明します。

対策4:自分で洗おう「コインランドリー」

自分で布団を洗濯するとしたら、コインランドリーを使うことをおすすめします。コインランドリーですと、自宅の洗濯機より大規模で、布団を洗えるものも少なくありません。乾燥機に入れれば60度ほどの温度になるので、カビを洗剤+高温の両面から退治することも期待できます。

ただし、水洗い不可や手洗い専門(羊毛布団など)と書かれているものは、コインランドリーでも洗えません。洗うと、中の綿がよれて使いものにならなくなるリスクがあります。

また、布団をわざわざコインランドリーまで持参するのも大変ですよね。お金を節約したい人以外は、プロに任せた方が効率的です。

対策5:プロに任せる「クリーニング」

ドライクリーニングもでき、プロの手できれいに洗ってもらうのが一番です。最近では、町中のクリーニング店だけではなく、ネットで注文して家まで布団を取りに来てくれる(もちろん、洗濯後も届けてくれる)配送付きのクリーニング業者も増えています。

一回当たり1万円以上かかることも少なくなく、経済的に余裕がないとなかなか頼みづらいのが最大の難点。

しかし、シーズンに一回でもクリーニングをお願いすれば、布団を清潔に長持ちさせることが可能。布団を買い換える周期が長くなるので、長い目で見ると経済的にもお得です。

布団がカビ臭く、自分では対策が難しいと考えるのであれば、プロの手を借りることも検討してみてくださいね。

トップ