すのこベッド専門店

色で見分けるカビの種類と毒性

色で見分けるカビの種類

カビは現在、8万種類以上が存在していると言われていて、毎年新しい種類のカビが発見されています。目に見えないので普段は意識しませんが、私たちの皮膚や住まいの中のいたる所に存在しています。

人類が誕生するはるか以前、一説には10億年以上前から地球上に生息していて、人間と共存してきたのがカビです。

色によるカビの違いについて知ることで、私たち人間にとって「良いカビ」と「悪いカビ」を見分けることができるようになります。

色で見分けるカビ

カビの姿は目に見えないほど小さいので、私たちがどんな種類のカビなのかを判別するには、色で見分けるしかありません。カビの色による特徴の違いなどを解説します。

黒カビ(学名:クラドスポリウム)

黒カビ

黒カビは家の中に存在する代表的なカビです。

結露しやすい窓の近くにあるカーテンや、エアコン、湿気がこもる浴室等に特によく発生しますが、住環境の中にはいたる所に存在しています。

空気中やハウスダストにもたくさん存在しているため、喘息やアレルギーの原因になる可能性があります。

黒カビは頑固で生命力が強いため、いったん生えてしまうと、なかなか完全に退治することができません。

表面だけ綺麗になったように見えても、菌糸が奥深くまで根を下ろしていて、またすぐに生えてきてしまいます。

汚れやすく、湿気がたまりやすい箇所に発生しやすいので、日頃からこまめに掃除や換気をして発生を予防することが大事です。

二大危険カビの1つ、エクソフィアラは黒カビの一種です。傷口から感染すると炎症を起こして、最悪の場合脳まで侵入し、死にいたることもあります。

青カビ(学名:ペニシリウム)

青カビ

抗生物質のペニシリンはこの青カビから発見されたので、正式には「ペニシリウム」と呼ばれています。

青カビ自体は有害なものと無害なものがあり、無害なものの代表としては青カビを生やしたブルーチーズが有名です。

匂いは独特の臭みがあって苦手な人は多いものの、ヨーロッパでは古くから食されてきました。

みかんやお餅に生えるあのカビも青カビです。

青カビの中にはマイコトキシンというカビ毒を作り、ガンの原因になるものもありますから注意が必要です。

赤カビ(学名:フザリウム)

赤カビ

出典:Wikipedia

赤カビは畑などの土壌に多く生息し、特に麦やトウモロコシに寄生します。赤カビといっても、桃色、紫、薄黄色、赤など様々な色として現れます。古くなったパンやごはんなどに生えてくる赤色がかったカビも赤カビです。湿度が高い場所なら金属やプラスチックの上でも繁殖するため、エアコンのファンやフィルターなどに多く繁殖します。

赤カビはマイコトキシンという危険性の非常に高いカビ毒をつくり、赤カビに汚染された食べ物を食べると、嘔吐や下痢などの食中毒症状や、免疫機能の低下を引き起こします。

マイコトキシンの一種であるアフラトキシンは、天然の物質としては現在知られている中で最も発がん性の高いものです。

青カビの生えた食べ物は食べても問題ない場合がありますが、赤カビの生えた食べ物は絶対に食べないようにしましょう。

お風呂でよく見るあのピンク汚れは赤カビじゃない!?

誰もが一度は見たことがある、お風呂の床や排水溝の近くに発生するあのピンク汚れは、赤カビではなく「ロドトルラ」という赤色をした酵母の仲間です。湿気を好み、皮脂や石鹸のカスを栄養にして繁殖するのはカビと同じですが、カビと違い、掃除をすれば簡単に落とすことができます。

トップ